trip✈ 旅

梅の香漂う水戸の旅②偕楽園

日本三大庭園の一つに数えられる偕楽園(かいらくえん)。

 

水戸・徳川家の名将、徳川斉昭(なりあき)が、人々と「偕(とも)に楽しむ」ために造った庭園なのだそうです。

斉昭は海外にも目が開かれていた人物だったそうで、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の父としても有名ですね。

 

では、チケットを買って、偕楽園の中に入ります。

梅の花が本当にきれいでした。

私が行った日は七分咲きでしたが、美しさを感じるには十分でした。

見渡す限り、梅林。

たくさんの人が、梅の花を愛でていました。

梅の木の数は圧巻です。

香りもよくて、香りまで伝えることができないのが残念なくらい。

花粉症で、マスクもしていましたが、人が近くにいないところでマスクを外して、そっと香りも楽しませてもらいました。

 

梅って、いろんな種類があるんですね。

白やピンクや赤や、ピンクも濃いもの薄いものいろいろありました。

木に品種が書かれた札がついているものもあり、

「白加賀」とか「鹿児島紅」とか、地名がついているのも多く、

勉強になりましたし、おもしろかったです。

 

偕楽園の中には水戸黄門御一行に扮した方々もいらっしゃり、写真を撮らせていただきました。

楽しませていただき、ありがとうございます。

 

また、偕楽園の中には、好文亭(こうぶんてい)と呼ばれる建物があって、

来賓の方々をもてなしたり、梅の花や庭園の美しさに浸っていて休憩したりしていたそうです。

時を超え、今は多くの人が訪れる、歴史を感じる場所になっています。

 

中に入らせていただきました。

中には、いくつか部屋があって、部屋ごとにテーマがあるようです。

たとえば、紅葉の間。

竹の間も。

他にも、菊の間や桜の間、梅の間もありました。

 

偕楽園の中には、竹林や森もあって、

夜にはライトアップされていたようです。

日中でもステキでしたが、幻想的になりそうな雰囲気だけ味わいました。笑

 

次回は、再び梅を見ながら、徳川ミュージアムに向かいます。

 

 

関連記事

  1. trip✈ 旅

    2022夏旅②六本木

    今回の旅のメインは、実は東京ではないのですが、経由する東京でも…

  2. trip✈ 旅

    マレーシアに行ってきた②ペトロナスツインタワー

    マレーシア発展の象徴とも言えるペトロナスツインタワー。…

  3. trip✈ 旅

    私は鉄道好き

    仕事の関係で新幹線によく乗る。かつ鉄道ファ…

  4. trip✈ 旅

    原鶴温泉に行く①特急ゆふで、うきは駅へ

    年が明けて、私が住む福岡県でも緊急事態宣言が発令され、福岡にし…

  5. trip✈ 旅

    紫陽花と笑顔を見に行く〜ハウステンボス前編

    梅雨の時期といえば、アジサイ!雨の季節を一気に華やかにしてくれ…

  6. trip✈ 旅

    「或る列車」で贅沢乗り鉄③スイーツ編

    「或る列車」がスイートトレインと言われる所以。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 日々感じること

    私の信仰
  2. trip✈ 旅

    ソウルのオススメスポット③漢江(ハンガン)
  3. お仕事

    在宅勤務後に出社して思ったこと
  4. ニュース、経済情報

    日韓関係を見て思ったこと
  5. 九州

    復興支援ボランティア〜九州北部豪雨
PAGE TOP