trip✈ 旅

ことこと列車(直方〜行橋)に乗りました②絶品お食事

ことこと列車のメインお楽しみ。

お料理です。

 

まずは、前菜。

ことことボックス。

包んであるハンカチは持って帰っていいそうで、自分のおみやげにしました。

 

中を開けると、おいしそう!

どれも美味しかったんですが、

個人的には、季節ものの菜の花、ホタルイカのマリネが大好きでした。

 

続いては、こちら。

地元産新玉ねぎのブランマンジェ。

わかりますか?

コンソメスープジュレの中にカニとウニが入ってるんです。

下に土台のように敷かれているのは玉ねぎのムースで、

上のジュレとウニと本当によく合う。

お口の中で、リアルにハーモニーが奏でられました。

 

お次に運ばれてきましたのは、

石炭リゾット鮑(あわび)のソテー添え 椎茸と焦がしバターのエスプーマ。

写真ではわかりにくいのですが、中に石炭をイメージした黒々としたリゾットが入っていて、

アワビも香ばしく焼かれていて、美味しかったです。

ことこと列車が走る筑豊地方といえば、石炭で栄えた地域。

時代の変化もあり、閉山して、だいぶ様相は変わりましたが、

石炭博物館やお土産品に名残があります。

 

メイン料理、和牛頬肉のパピオット。

袋を開けると、

お肉は柔らかくて、ソースもとろけるようなお肉の味わいとぴったりマッチして絶品でした。

パンも。

グラタンも。

焦げ目も香ばしく、おいしかったです。

 

最後はデザート。

枡パルフェ。

沿線沿いに九州菊(くすぎく)さんという酒蔵があって、

そこの日本酒が入っているそうです。

甘くて美味しい。

抹茶がいい感じです。

九州菊さんの近くを通るとき、従業員の方が手を振ってくださっていました。

そして、コーヒーによく合う。

 

お腹はすっかり満たされました。

器は近隣の上野(あがの)焼が使われていて、陶器の温かみも感じました。

 

これで、ゴールの行橋駅に着くのですが、

でも、まだ書ききれていないことがあります。

グルメ列車の楽しみは、お食事だけじゃないんです。

 

それは、行橋駅からの帰りに偶然乗った、あの電車のレポートとともに、

次回、記します。

 

最終回③につづく。

 

関連記事

  1. trip✈ 旅

    マレーシアに行ってきた③イスラム教の文化に触れる

    摂理の旅行ブログなのにイスラム教??そう思う人もいるかもしれま…

  2. trip✈ 旅

    水郷、柳川の旅

    福岡県南部にある柳川。水郷とも言われる所以は、張り巡らされた水…

  3. trip✈ 旅

    「令和」記念!太宰府にお花見

    4月1日に、新元号「令和(れいわ)」が発表されましたね。響きも…

  4. trip✈ 旅

    原鶴温泉に行く①特急ゆふで、うきは駅へ

    年が明けて、私が住む福岡県でも緊急事態宣言が発令され、福岡にし…

  5. trip✈ 旅

    原鶴温泉に行く③帰りは吉井町を散策

    原鶴温泉で温泉で癒され、美味しいごはんをお腹いっぱいいただいた後、…

  6. グルメ

    夫の料理がおいしい5

    さくら夫婦はよく一緒に料理をします。(そもそも料理をする回数が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ニュース、経済情報

    もうすぐ衆議院議員選挙〜外側ではなく中身を見る
  2. 日々感じること

    私のモテ期
  3. 日々感じること

    時代は変わる、あっという間に過ぎるということ
  4. 九州

    その時
  5. 日々感じること

    猫がかわいい
PAGE TOP