日々感じること

お化粧の本質

私は大学2年のときにお化粧を始めた。

ファンデーションを塗ると、お肌の質感が変わる。
口紅もグロスタイプのものをつけて、色がなく顔色を悪く見せていた唇がパッと明るく潤った。

わあ。
きれいになったように感じた。

顔に液体や粉を塗るなんて、始める前までは抵抗があった。

また、化粧品は決して安くない。
学生の頃はそれなりに負担に感じたものだ。

大人の女性であれば大半の人がしているお化粧。

お化粧は何のためにするのだろう。
自らを美しく見せるため?

歳をごまかすためか。
お肌をきれいに保つためか。
とりあえず、しないといけないからか。

人によって、様々に目的や思いがあるかもしれない。

私の会社では、“派手すぎない適度なお化粧はしなければならない”とされている。

見た目で判断するなと言われても、キレイな人と接する方がそうでないよりいいのも事実だろう。
私も女性ながら、美しい人を見ると、素直にステキだなぁと思う。

キレイというのは生まれ持った顔かたちというよりは 、清潔感や雰囲気、身なり等も含まれる。
美しさは努力しないと得られないものだということも、歳を重ねながら心得た。

そうか。
気が付いた。
お化粧は決して自分のためだけにするのではないと。

自分がキレイであってこそ、周りの人もよい気持ちになれる。

もちろん、人は見た目では判断できない。
しかし、心が身なりに現れ、優しさが顔に出たりもするものだと思う。

だからこそ、よい心を持ち、見た目も精一杯美しくしていたいなと思うのです。

先日、「自分に属するものを管理しなさい」と摂理の御言葉で教えていただいた私。
自分の顔や髪型、身なりも、感謝してよりよく管理していこうと思いを新たにしたのでした。

関連記事

  1. お仕事

    パラスポーツ、ボッチャに挑戦

    東京オリンピック・パラリンピックが来年に迫り、準備も進んでいるようです…

  2. お仕事

    女性上司とうまく付き合う秘訣

    年末、忙しいですね。仕事も大忙しでした。…

  3. 九州

    博多駅で九大発見

    博多駅をよく利用します。博多駅は九州最大のターミナル駅。…

  4. ニュース、経済情報

    連日オリンピックに感動

    平昌オリンピック、いよいよ終盤ですね。熱戦が繰り広げられていて…

  5. ニュース、経済情報

    もうすぐ衆議院議員選挙〜外側ではなく中身を見る

    衆議院が解散し、選挙に向けて動き始めましたね。…

  6. 日々感じること

    魔法の言葉 “しかたがない”

    仕事をしたり、家族間、友人間、また摂理の中で何かするときも、要求や…

  1. お仕事

    謝れない人
  2. trip✈ 旅

    大阪を歩く③〜梅田スカイビルと阪急電車
  3. グルメ

    誕生日のお祝いにフレンチを
  4. ニュース、経済情報

    大雨、大丈夫でしたか?
  5. ニュース、経済情報

    ワールドカップを初めてちゃんと見た話
PAGE TOP