日々感じること

お化粧の本質

私は大学2年のときにお化粧を始めた。

ファンデーションを塗ると、お肌の質感が変わる。
口紅もグロスタイプのものをつけて、色がなく顔色を悪く見せていた唇がパッと明るく潤った。

わあ。
きれいになったように感じた。

顔に液体や粉を塗るなんて、始める前までは抵抗があった。

また、化粧品は決して安くない。
学生の頃はそれなりに負担に感じたものだ。

大人の女性であれば大半の人がしているお化粧。

お化粧は何のためにするのだろう。
自らを美しく見せるため?

歳をごまかすためか。
お肌をきれいに保つためか。
とりあえず、しないといけないからか。

人によって、様々に目的や思いがあるかもしれない。

私の会社では、“派手すぎない適度なお化粧はしなければならない”とされている。

見た目で判断するなと言われても、キレイな人と接する方がそうでないよりいいのも事実だろう。
私も女性ながら、美しい人を見ると、素直にステキだなぁと思う。

キレイというのは生まれ持った顔かたちというよりは 、清潔感や雰囲気、身なり等も含まれる。
美しさは努力しないと得られないものだということも、歳を重ねながら心得た。

そうか。
気が付いた。
お化粧は決して自分のためだけにするのではないと。

自分がキレイであってこそ、周りの人もよい気持ちになれる。

もちろん、人は見た目では判断できない。
しかし、心が身なりに現れ、優しさが顔に出たりもするものだと思う。

だからこそ、よい心を持ち、見た目も精一杯美しくしていたいなと思うのです。

先日、「自分に属するものを管理しなさい」と摂理の御言葉で教えていただいた私。
自分の顔や髪型、身なりも、感謝してよりよく管理していこうと思いを新たにしたのでした。

関連記事

  1. 日々感じること

    ネット文化〜大学生の実態に驚き

    友人からこんな話を聞きました。「最近の大学生はお祈りの仕方をネット…

  2. 家族

    結婚式の準備をして初めて知ったこと

    年明けに結婚式をあげる予定の私たち。準備が本格化してきた。…

  3. ニュース、経済情報

    TOTOミュージアムに行った話

    先日、福岡県北九州市にあるTOTOミュージアムに行ってきました。…

  4. 日々感じること

    時代は変わる、あっという間に過ぎるということ

    今年、時代は平成から令和に変わり、時代の変化を感じます。&nb…

  5. 日々感じること

    人間ドックに行ってきた

    私は数年前から毎年人間ドックに行っています。会社で義務付けられ…

  6. 日々感じること

    歳をとる喜び

    私は4月生まれで、最近誕生日を迎えた。30代の私。もう歳で、なんて…

  1. trip✈ 旅

    梅の香漂う水戸の旅④弘道館で教育について考える
  2. trip✈ 旅

    私は鉄道好き
  3. 九州

    九州の冬
  4. trip✈ 旅

    原鶴温泉に行く②晴天の筑後川沿いを歩く
  5. trip✈ 旅

    京都鉄道博物館に行ってきたよ
PAGE TOP