お仕事

謝れない人

私が残念に思う人、それが謝れない人。

変なプライドが邪魔して、素直に自分の非を認めることができず、いい訳が多い人。

もしくは完全に開き直って、その事実から目を反らしてしまっている人。

 

私がそうだったから、その残念さがよくわかります。

 

最近、新社会人になった人も多いと思います。

私が新人の頃、痛切に身に染みたことがこれでした。

 

「さくらさん、まず謝らないと。

さくらさんの言いたいことはわかるけど、言い訳を先にしたら聞いてもらえる話も聞いてもらえないでしょ。」

上司にそう指摘を受けたのでした。

ガーーーーーン。

「すみません、って途中で言ってるけど、まず先に謝った方がいいよね。」

 

相手にも非はあるし、自分が一方的に謝ることが釈然としませんでした。

その場ではすぐに納得できなかった残念新人のさくらさん。

 

家に帰ってお祈りしながら考えていました。

自分が相手の立場だったら。

 

確かに、先に謝ってくれた方が聞こうという気持ちが増すな。

まず、悔い改めるときもそうだって、チョンミョンソク先生も教えてくれてた。

先生が弟子たちの分まで悔い改めのお祈りをされていた姿を思い出しました。

 

別の機会にあるお客様からこんなことを言われました。

「”すみません”ってそんな言葉で済むと思っているの。本当に謝るならせめて”申し訳ございません” でしょ」

ここまで言う方は珍しいし、このときの状況でお客様にも問題がないとはいえないと今でも思いますが、この時の私は指摘をされて、またムッとなりました。

 

また家に帰り、お祈りして考えました。

そうか、謝るときの最上級の丁寧な言葉は”申し訳ございません”なんだ。

最上級の丁寧な言葉で言わないと通じない方もいるのだと。

そして、言葉の深い意味、使われ方を知らなかった自分を反省。

 

それからは、本気でお詫びをするときは、まず第一声で「申し訳ございません」というようにしています。

 

余談ですが、遅れたときに「遅れました」と冒頭おっしゃる方が私の周りには複数いらっしゃるのですが、「遅れてすみません」ではなく、「遅れました」と遅くなった事実だけを伝えられます。

遅れたことはわざわざ言わなくてもわかってるよーと言いたくなります。

遅れたことを詫びたいのであれば、「すみません」「ごめんなさい」といったお詫びの言葉をちゃんとお付けになる方が伝わりますよ、と言いたいです。

余談です。

 

「ごめんなさい」と「ありがとう」をちゃんと言う。

言われてみれば、小さいときに教えてもらった、あまりにも基本的で大事なことだったとハッとしました。

 

【ご参考】(さくら感覚)

ごめん<ごめんなさい<すみません<申し訳ございません(ありません)

関連記事

  1. お仕事

    仕事を楽しくする方法〜マクロ編

    前回、仕事を楽しくする方法について書いたんですが、…

  2. 日々感じること

    悪口が気にならなくなったのは

    摂理の子供 キリスト教福音宣教会〜すくすくの雲小学4年生のよつ…

  3. 九州

    九州大学箱崎キャンパスと飛行機の関係

    私の母校、九州大学の箱崎キャンパスに、久々にお散歩兼ねて行って来ました…

  4. 日々感じること

    結婚式を挙げました

    先々週、九州を大寒波が襲い、博多でも積雪11㎝、最低気温も−4℃とほと…

  5. ニュース、経済情報

    お金は大事 〜幸福という観点から

    お金だけでは生きていけません。でも、この現代社会においてお金が…

  6. 家族

    父からの手紙

    実家からお米や野菜が届いた。ありがたい。お米は買いに行くと重い…

  1. 日々感じること

    スマホに思う
  2. 九州

    遅れて来た梅雨の大雨に警戒
  3. 日々感じること

    地図が好き
  4. グルメ

    きんくまvsコアラのマーチ
  5. お仕事

    自ら行うことが重要
PAGE TOP