家族

左手の薬指

ちょっと気になる部位、それは左手の薬指。

その昔、いつかはここに指輪を、と憧れていたような気がします。

この人は結婚しているのかなと思ったとき、まず見てしまっていました。

結婚の象徴みたいなものなのかな。

 

実際、結婚指輪をすることができるようになった今、年齢も重ね、わかったことがあります。

 

それは、結婚していても指輪をしていない人は男女問わず結構いること。

仕事上つけられない人もいますし、サイズが合わなくなってつけられない人もいます。

失くした人もいます。

ごく少数ではありますが、結婚指輪をつくっていない人もいます。

夫婦仲の問題の人もいるかもしれません。

単純に異物感が気になったり、指輪を傷つけたくなくて、という人もいるでしょう。

また、一方で結婚とは関係なくオシャレやその人独自の理由があってつける人もいます。

 

摂理の夫婦はつけている人が多いようですが、つけていない人も確実にいます。

 

ところで、私はつける日とつけない日があります。

気分次第でフィフティーフィフティー。

せっかくいただいたものだから大切につけようという思い。

異物感は正直否めず、つけない楽さを楽しむという思い。

ずっとつけてたら気にならないという人も多いと思いますが、私は気になるのでつけて行っても帰宅と同時に外してしまいます。

 

90歳すぎで亡くなった祖母はずっと指輪をしていて、とうとう取れず、亡くなって火葬するときまで取れなかったそうです。

 

つけていてもいなくても、指輪には夫婦の想い出やいきさつがあるのでしょうね。

関連記事

  1. 日々感じること

    お化粧の本質

    私は大学2年のときにお化粧を始めた。ファンデーションを塗ると、お肌…

  2. 日々感じること

    名前が変わる

    名前が変わるとは一生の中でもビッグイベント。私は結婚して苗字が…

  3. お仕事

    今年の新入社員は元◯◯!?

    (写真はイメージです)毎年この時期になると…

  4. グルメ

    クリスマスを楽しむ!!

    今年もクリスマス満喫中です。クリスマスを祝…

  5. 家族

    両親の信頼

    結婚式の最後に読む両親への手紙を書きながら、思った。両親への感謝、…

  6. 日々感じること

    今を大事に生きる

    今という時を大事に生きよう!摂理の御言葉で教えてくださいました。…

  1. 日々感じること

    PPAPクッキー
  2. ニュース、経済情報

    昨日は3.11 〜最近のニュースを見て思うこと
  3. trip✈ 旅

    世界一の門松を見に行く〜長崎・雲仙市千々石
  4. trip✈ 旅

    原鶴温泉に行く②晴天の筑後川沿いを歩く
  5. 九州

    春といえば〜お花と山菜
PAGE TOP