日々感じること

お化粧の本質

私は大学2年のときにお化粧を始めた。

ファンデーションを塗ると、お肌の質感が変わる。
口紅もグロスタイプのものをつけて、色がなく顔色を悪く見せていた唇がパッと明るく潤った。

わあ。
きれいになったように感じた。

顔に液体や粉を塗るなんて、始める前までは抵抗があった。

また、化粧品は決して安くない。
学生の頃はそれなりに負担に感じたものだ。

大人の女性であれば大半の人がしているお化粧。

お化粧は何のためにするのだろう。
自らを美しく見せるため?

歳をごまかすためか。
お肌をきれいに保つためか。
とりあえず、しないといけないからか。

人によって、様々に目的や思いがあるかもしれない。

私の会社では、“派手すぎない適度なお化粧はしなければならない”とされている。

見た目で判断するなと言われても、キレイな人と接する方がそうでないよりいいのも事実だろう。
私も女性ながら、美しい人を見ると、素直にステキだなぁと思う。

キレイというのは生まれ持った顔かたちというよりは 、清潔感や雰囲気、身なり等も含まれる。
美しさは努力しないと得られないものだということも、歳を重ねながら心得た。

そうか。
気が付いた。
お化粧は決して自分のためだけにするのではないと。

自分がキレイであってこそ、周りの人もよい気持ちになれる。

もちろん、人は見た目では判断できない。
しかし、心が身なりに現れ、優しさが顔に出たりもするものだと思う。

だからこそ、よい心を持ち、見た目も精一杯美しくしていたいなと思うのです。

先日、「自分に属するものを管理しなさい」と摂理の御言葉で教えていただいた私。
自分の顔や髪型、身なりも、感謝してよりよく管理していこうと思いを新たにしたのでした。

関連記事

  1. お仕事

    パラスポーツ、ボッチャに挑戦

    東京オリンピック・パラリンピックが来年に迫り、準備も進んでいるようです…

  2. お仕事

    人を管理するということ

    私は正社員として仕事をしており、年上の方であっても、契約社員や派遣社員…

  3. ニュース、経済情報

    民泊に困惑

    最近、いわゆる民泊が身近になってきましたね。民泊とは、簡単に言うと…

  4. お仕事

    ショック

    最近、あまりにもショックなことが起きた。仕事上での出来事で、私…

  5. 九州

    12月に戦争と平和を考える

    戦争や平和について考える時期といえば、8月ですよね。終戦記念日…

  6. ニュース、経済情報

    TOTOミュージアムに行った話

    先日、福岡県北九州市にあるTOTOミュージアムに行ってきました。…

  1. お仕事

    最近、仕事で2回も表彰された話
  2. 九州

    遅れて来た梅雨の大雨に警戒
  3. 日々感じること

    歳をとる喜び
  4. trip✈ 旅

    壱岐に行って来たよ
  5. 日々感じること

    夕陽
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。